ビールの写真

重篤になりやすい人へのタミフルと富山化学工業の新薬

インフルエンザは多くの人が恐れる感染性の疾患であり、飛沫感染によって集団感染が発生することも多々あります。学校や介護施設などがその集団感染の場となることが多く、子供や高齢者にとってその予防策を取っていくことは重要な考え方となっています。インフルエンザは重症化すると気管支炎や肺炎を合併しやすいことが知られており、そういった状況になりやすい子供や高齢者には予防が欠かせません。特に学校や介護施設などに通っている場合には周囲からの感染を受けて重篤な状況になりやすい環境が整ってしまっていることが多く、学校や介護施設側からも注意喚起を行っていくことが不可欠となっています。こういった重篤な状況になりやすい人たちにとってタミフルの登場の影響は大きなものであり、タミフルの服用によって治療を早めることができるのは重篤化のリスクを低減させることにつながります。しかし、近年ではタミフルに対して耐性をもつインフルエンザウイルスの存在が問題視されるようになってきているのも事実であり、タミフルがあるからといって安心できない状況ができています。そういった中で富山化学工業が新たな方向性を生み出しました。富山化学工業によって新たなメカニズムによるインフルエンザ治療薬が開発されたからであり、タミフルに対して耐性があるインフルエンザウイルスに対しても有効であるとされています。こういった新規治療薬が創出されたことによって多くの人が救われるようになっていくでしょう。富山化学工業自体は新規治療薬の開発によってタミフルの市場に取って代わるということは達成できなかったものの、多くの人を救う治療薬を創出したことから大きな社会貢献をした企業として名を知られるようになってきています。