ビールの写真

最新情報収集と浴場での感染予防とタミフル

インフルエンザの対策を立てていくことは冬の乾燥したシーズンを健康な状態で過ごすために必要不可欠なことであり、毎年流行するインフルエンザをいかにしてやり過ごすかは誰もが関心を持つことでしょう。その最新情報に常に注意を払うことは大切であり、それによって予防を行っていくことができるようになります。治療において役立つタミフルは予防投与を行うことも可能であり、それによって服用している間はほとんど感染する可能性がなくなります。インフルエンザワクチンを用いる予防接種に比べても高い信頼性があることから、いざというときにはタミフルの予防投与を考えるのが大切となります。その信頼性はタミフル耐性のインフルエンザウイルスが流行しない限りは担保されますが、最新の流行情報を収集した結果としてタミフル耐性ウイルスが流行しているということがわかった場合には別の治療薬を予防に用いていくということが必要になるでしょう。一方、最新の情報を活用するもう一つの方法として感染経路についての情報を集めることも大切です。飛沫感染が基本的な感染経路として知られていますが、空気感染や接触感染もするということが知られるようになってきています。浴場における感染というとあまり想定できないかもしれませんが、浴場では飛沫感染だけでなく接触感染のリスクも高いということが徐々にわかってきました。浴場においてはつばや痰などを吐き捨てる人が多く、その中に含まれているウイルスが感染源となって接触感染を起こすリスクがあるのです。そのため、流行の時期には共同浴場などを利用する際には十分に洗い流すといった配慮を忘れないことが大切であり、家庭でも家族からの感染を防ぐために注意を払う必要があります。