ビールの写真

タミフルを服用して3日目なのに治らないのはなぜか

インフルエンザと診断されると、タミフル、リレンザ、イナビルといった薬を処方されます。これらの薬は抗インフルエンザ薬といい、インフルエンザに感染した際、早めに服用を開始すると、インフルエンザのウイルスを体内に閉じ込め、他の人にうつす危険性を減らしたり、症状を軽くしたりする効果があります。
インフルエンザは感染したかどうかの判断は発熱してから48時間以内に受診することでわかります。鼻の粘膜を採取しインフルエンザの何型に感染しているか、ということを5分ぐらいで判断します。この場合早く受診しても遅く受診しても反応が出ないことがあります。潜伏期間は1日から2日と言われているので、この時期にインフルエンザに感染した人と接触した場合は反応が出なくても感染している可能性が高いです。なお、インフルエンザの感染経路は咳やくしゃみ、鼻水といった飛沫感染や接触感染、空気感染ですので発熱している時に、他の人と接触をするとうつしてしまうことがあります。
タミフルは発熱してから48時間たってしまうと、効果がなくなり、服用しても治らないことがあります。だいたいの場合はタミフルを服用してから3日目には熱が下がり、症状がとたんに良くなります。その場合、薬を服用を忘れがちになってしまいますが、この3日目にタミフルなどの薬をの服用をやめてしまうと、ウイルスが活動をし始め、なかなか治らない状態が続いてしまいます。そして、3日目は咳や鼻水が出始める時期ですので、他の人にうつしてしまいます。
タミフルを服用して3日目なのに治らない原因は、薬を飲むタイミングが遅かったか、または飲み忘れたかということにあります。ウイルスを死滅させる力はないので治らないこともあるということを頭に入れておくことが大事です。