ビールの写真

タミフルの異常行動とアレルギーの違い

アレルギーは現代社会において非常によく見られる現象の一つでしょう。日本社会においては季節性の花粉症などがその大きな一例として挙げられ、花粉症の他にも数々の食物アレルギーやハウスダスト、建材に含まれる化学物質のアレルギーなどが存在しており多くの患者が存在しています。そうしたアレルギー症状は薬品などにおいてはたびたび見られ薬の注意点の一つとして認識されています。こうした症状として誤認されがちな薬の副作用にタミフルの異常行動があげられます。タミフルは現状に有効なインフルエンザウイルスに対する特効薬と知られており、インフルエンザ治療の現場で効果的に用いられてきました。しかし、日本に於いては若年の利用者が異常行動を起こし、死亡事故などを引き起こしてしまったために処方に対してガイドラインが設けられています。一見するとこうしたタミフルの一連の異常行動事件もアレルギーのような症状のように思われますが両社は本質的に異なっており、多くの違いが存在しています。
タミフルの異常行動は、原因としては専門家の見解も分かれており、一部の識者の間ではタミフルの薬自体の作用ではなく、インフルエンザの高熱による意識障害が原因とも言われています。タミフルによる代謝物は動物実験などにより神経細胞の興奮作用を引き起こすことが指摘されており、薬自体の副作用としてこうした現象が見られるのです。このようにアレルギーとは違い、慢性的に存在しているのではなく薬などの外部の要因に原因があるのです。こうした薬品に対する知識を身に付けることは、薬害などから身を守る非常に良い方法であり、アレルギーと他の症状の違いを理解することも非常に大切です。